これからは何か資格を取ってそのスキルを活かした仕事がしたい!

そう思っても自分に合うものがなかなか見つからないと悩んでいる方に

「食育と栄養のアドバイザー」をご紹介します。

 



 

そもそも食育って何?

食育基本法は食育に関する取り組みを推進するために制定された、33条から成る法律です。

2015年に改正され農林水産省へ移管されました。

 

食育基本法は、食育の推進に関する施策の実施を国の責務として定めており、

「食育」の基本的な理念を示した法律です。

 

食育とは「食事や食物に関する知識と選択力を身に着け、健全な食生活を

送れるようにするための教育」のことを指します。

 

 

では栄養士と食育アドバイザーとの違いは?

両方とも似ている仕事ですが、食生活アドバイザーは民間資格で、

栄養士は栄養士法で定められた国家資格だということです。

 

栄養士は食育だけでなく栄養学から健康や疾病に関わる食の相談・指導を行うため、

より専門的な資格です。

 

食生活アドバイザーは食育基本法に沿って食についての情報提供を行います。

 

 

食育アドバイザーの需要

現代社会は、かつてないほど複雑になり、心と体のバランスを崩したり、ストレスを抱える人が増えています。

また同時に、医療の現場では、病気の根底にある心の問題や生活環境など、

その人を包括的にケアできる医療の必要性が叫ばれるようになりました。

日々の暮らしに直結する食生活の知識を得られるので私生活や仕事で活躍出来ます。

そこで注目されているのが、子供から大人まで日々の食事で健康に「食育と栄養」の資格なんです。

食に関わる多くの企業で資格取得が推奨されており、企業によっては資格取得によって手当がつく場合もあります。

 

子どもから大人まで日々の食事で健康に「食育と栄養」の資格【食育栄養アドバイザー講座】

 




 

実践にはどんな学科を学ぶの?

①栄養と健康栄養や栄養素とは何かという基本的なことを学び、理解したうえで

健康や疾病との関わりと運動と休養、心と身体の健康、生活の質の向上に向けて栄養面からの
サポートについて学びます。

②食文化と食習慣献立作成や調理の基礎を学び、実践に向けてのコツや工夫を学びます。

調理、献立以外にも食事のマナーや行事食も学び食のあり方を生活の中に見出していきます。

③食品学食品をそのまま摂取したり調理、加工して摂取し栄養を吸収して健康の維持増進を図って
いく上
で食品の特性を理解し食品の分類の判断できるようになります。

また、調理や加工する上で栄養や成分がどのように変化していくのかも学びます。

④衛生管理食品の保存方法、調理方法やから食中毒を起こす菌やウイルスについても学び
食中毒予防ができるよう具体的な対策を習得します。

 

⑤食マーケット食品の流通から販売までの流れを理解し、賢い食品の購入ができるようになるよう学んでいきます。

 

⑥社会生活食に関する法律や、消費税といった身近な経済を学び、社会と消費生活について学んでいきます。

 

仕事や生活に役立つ「食育」と「栄養学」の基礎が学べる【食育栄養アドバイザー講座】

学習の方法は?

食育の重要性を感じた貴方は即行動に移りたいですね。

幸いなことに忙しい貴方にはオンラインという方法があります。

1、オンライン講座「日本統合医学協会が監修する講座」

  だからいつでもどこでも!自分の生活スタイルに合わせた学習が可能

2、オンライン講座だから実現可能に!低予算・短期間で資格取得が目指せる
オンライン申し込みだとかなり安価で学習ができる。

 

3、医療現場で必要とされる統合医療の知識に特化

  日本統合医学協会が監修する幅広い知識が学べる。

4、講座修了後には、スキルアップや独立開業に役立てられる
日本統合医学協会の資格取得が目指せる。

 

この講座はこういった方にお役立ていただきたい講座です。

・健康長寿のためには「何を」「どのように」食べれば良いのか知りたい方
・成長期のお子さんに合わせた食事や規則正しい食習慣について学びたい方
・食事をおいしく仕上げるだけでなく、栄養バランスまで考えられた食事を作りたい方
・病院、福祉施設、学校、料理教室などで健康や食に関わるお仕事をされている方

↓申込みはこちらから↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3NKWFG+FD3PRM+4N8K+15OZHV
——————————————————————————–

 

最後に

食育アドバイザーの資格を取った後、栄養士の資格を取れば鬼に金棒です。

活躍できる範囲が広がりますよ。