ロタ島って知っていますか? 海外だけど近場のゾート地で穴場の楽園です。

グアムやサイパンは知っている人は多いですが、ロタ島はある意味、秘湯の楽園ですよ。

それゆえ自然がいっぱい、癒されます。

海外とはいえわずか約3時間で行ける場所なんです。

日本でも沖縄に行くのに東京からだと同じくらいかかります。

近場の海外旅行で素敵な旅を楽しんでもらいたいと思っています。

 

 

目次

  1. 楽天トラベルで行った所は常夏ロタ島
    ロタってどんなところ?
  2. ロタ島までの行き方、楽天トラベルを使う
  3. 楽天トラベルでフライトとホテルを予約
  4. 楽天トラベルでロタ観光
  5. 島の人の生活
    楽天トラベルで行った所は常夏ロタ島
  6. ロタってどんなところ?

    旅行の好きな人は多いと思います、そんな人は国内外何処へでも行きます。
    旅に出かける前に、色々と計画するのは楽しいですし、その時からすでに旅は始まっていると思います。

    どこの旅行社にしようかなとワクワクしながらパンフレットを探し回ります。

    今はインターネットでも調べられますからね。

    私の行ったオススメの所で楽しかった場所や出来事を書いてみます。

    かなり前になりますが、変わったところもあるしあまり変わってない所もあるようです。


    なぜロタ島なの? 

    リタイアしたご夫婦が移住したのを知って夏に尋ねてみました。

    楽園を想像して行ったらその通りで、もしかしたらそれ以上でした。

    ロタの島の大きさは85.38平方キロ。人口3000人。

    チャムロ族ですが英語を話します。ロタ島はアメリカの統治下の北マリアナ諸島連邦で治安のいいのんびりした常夏の綺麗な島です。

    日本から3時間という近さなのでフライトも疲れないし時差も1時間であまり差がないので気軽にいけて楽です。

    ロタ島はグアムとサイパンの真ん中あたりに位置する常夏の島す。

    空港に降り立った時、やしの木の揺れる景色と暑い風が吹いて南国の気分で一気に気持ちが興奮状態でした。

    朝出発したら昼過ぎに到着するので市内の半日観光もできます。そして夜は水平線の向こうに見える山の上から夕日が沈むのが見えてロマンチックでした。

    ロタ島の魅力は、とても美しい小さな島で観光客が少ないので静かです。

    常夏ハワイもいいけどのんびりするにはここもいい所です。島民はとても人懐っこい陽気で親切な人たちばかりです。歩いていても車に乗っていても、すれ違うときは必ず手を振って「ハロー」と声をかけてきます。


    ロタ島までの行き方、楽天トラベルを使う

成田からも羽田からも名古屋からも、福岡からもまた(近じか札幌からも)サイパン行きは毎日出ています。

トランジットがありますがわずかな時間ですので、その間コーヒータイムでもしていたらすぐです。

そしてサイパンからロタまでは小型機に乗ってロタ空港まで行くのが30分程度です。

スターマリアンズエアー航空の飛行機が飛んでいます。

ですが、なかなか予約が取れないので事前に楽天トラベルを利用して予約を取っておくほうが賢明です。

小型機ですから当然荷物の制限があります。

サイパンまでの国際線では荷物のことはあまり考えないかもしれませんが、20人〜30人乗りの

小さなセスナなので荷物は最低限度にしたほうがいいです。

この飛行機は高度が高くないので上空から下の美しい景色がよく見えます。

ロタは北マリアナ諸島連邦区なのに、サイパンから入国してもパスポートが要ります。

島にはバスがなくタクシーも少ないのでやはりレンタカーを借りるほうが便利です。

その時は国際免許証が要ますのでお忘れなく。

帰国便は午後にそれぞれの空港に到着。

各空港で離発着の時間が違うのでご利用の際は確認を忘れずにしておくといいですね。

 

 

楽天トラベルでフライトとホテルを予約

パック旅行もツアーも個人旅行も楽天トラベルなら、種類の多さに魅了されます。

好きなようにアレンジできて満足できます。

格安フライトからJAL, ANAなど自由自在で選択して、ホテルも色々と好きなところを選べます。

そして楽天トラベルで行くとお得なことがいっぱい。

タイミングよく何かのキャンペーン中だと、ポイント倍増などあります。 

普通のポイント付加も楽天クレッジットカード支払いならポイント2倍。

これを利用して支払いにポイントを使えば結局旅費が安くなるということです。

通信トラブルを避けるためにも、事前に支払いを済ませていたほうがいいと思います。

通信事情がよくないと現地で色々と支障をきたしますので。

 

 

サイパンまでのフライトはJALならお得な悟空というのがあります。

時期にもよりますが、他にも格安チッケットなら大人1人往復で50000円くらい(2018年10月現在)

そしてサイパンからロタ島までセスナ機の料金が要りますが予約しないと乗れないかもしれません。

日本からロタ島までの直行便があるらしいので調べたらチャーター便でした。

参考までにノースウエスト航空だったと思います。(現在も使えるか要確認)これは乗り換えなしなので便利かも。

あとレンタカーも楽天から手配をしておくとスムーズです。レンタカーは空港で借りられます。返却も空港でok!

 

 

私は当時ホテルはせっかくなので常夏らしいコテージにしました。

その名もココナツビレッジ、お気に入りなのにホテル代も安かった記憶があります。

南国に来たのに普通のホテルはつまらないので、ここでしか体験できないココナツコテージで正解でした。

自然がいっぱいの庭には色とりどりの花や木があっていい香りが漂っていました。

エアコンではなく自然の風が心地よかったです。

通貨はドル、チップは置いて行った方がいいです。島の人は結構収入の低い人が多いです。

今は残念ながらココナッツコテージはクローズしてしまいました。

他にはロタホテルの島一番の高級ホテルとゴルフクラブのホテルもあります。

ゴルフ目当ての人にはこのホテルがオススメです。

 

 

楽天トラベルでロタ観光

小さな島ですから当然大きな観光地のようなものはありませんが、

それなりに椰子の木の群生林、遠浅のビーチ、日本兵が残して行った戦争あと、遺跡など。

驚いたことに綺麗な澄んだ川にナマコがいっぱいいました(現地の人は食べないようで)。

そして夜になると丘の上からヤシガニが道路を横切って海に向かって大行進です。

その数ものすごい。ビレッジの横が道路だったので、暗くなってバリバリと音が響いていました。

翌朝見るとそのあたり一面にヤシガニの死骸が散らばっていました。

夜中に車に轢かれたようです。ヤシガニは食べれるんです。

 

 

ビーチで熱帯魚に餌やりは楽しかったです。浅いところにたくさんの色とりどり

の魚がやってくるので食パンを手に海水の中に入るといっせいによってきます。

そして我先にと食べるのです。

浅いビーチで人を襲わず餌は食パン、なんて面白い、なんて感動なんだと思いました。

ダイビングや釣りも盛んで海の魅力満載、山の方はサンクチュアリーでバードウオッチングと

沢山のアウトドアーが盛んです。

石切場やモニュメントなどもあって歴史の勉強にもなります。

ゴルフも好きな人にはたまらないでしょう。ロタは水が綺麗でそのまま飲めます。

その綺麗な水を使って醸造酒を作っています。

その名も「南の誉れ」というお酒、ロタ生まれの日本酒、美味しそうですね。

 

 

洞窟に戦争の後、兵隊さんが残して行った遺品を見せてくれるところがあって見にいきました。

チャチイ洞穴だったのですが入り口に入場料を取る女の子(7〜8歳くらい)が数名いました。

いくらか渡してやると狭い穴の中を案内してくれました
(案内されるほど広くないので立ったまま一回見渡して終わり)

ここで一つ驚いたことがあります。

私たちが見ている間になんと、その女の子の2〜3人がキセルにつめたタバコを吸っているのです。

この子たちの親は知っているのか、今日は学校は?と疑問でした。

今はもうそんなことはないと信じていますが。

島のひとの生活

港には漁をする船がたくさん繋がれていました。

朝早く漁をしてきた船長さんから島の人は魚を買うのです。

畑を持っている人は作物を作りますが

それだけだと島の人全部には足りないのでグアムやサイパンから運んでいます。

大地主の人は、庭や畑に沢山の作物を作っているので豊かです。

島で生産できないものはグアム、サイパンから輸送です。

日用品や衣類、薬品など。当然輸送費がかかるので物価は高いです。

島には小さなスーパーマーケットがあります。

それに病院が島には1つしかないので緊急の時はヘリでグアムかサイパンまで行かなければいけません。

 

 

知人が現地の人と仲良くしているので、何かと食事に呼ばれているようで私たちも招待されました。

最初の訪問先は農園の社長宅?で使用人がたくさんいてその中に若い男の子が片言の日本語を話すのです。

将来は日本で働きたいと。

明るくて真面目な青年に好感を持ちました。

 

出してくれた料理は魚料理。そして極め付けが「ココナツの刺身」でした

木から取ってきた新鮮なココナツの硬い殻をくり抜いてストローをさして

ジュースにして飲ませてくれました。
(冷えたココナツジュースは美味しかった)

その後そのココナッツをおので割って2つにして内側の白いところを取って、薄く切って、、

お皿に入れて持ってきたときには本当のお刺身と思いました。

それにワサビとお醤油で食べてみると、言われなければ白身の刺身です。
ロタで2つ目の驚きです。

 

 

次に招待してくれたのは、やはりお金持ちの家。
子供の1歳のお誕生日祝いだったのです。

誕生祝いのケーキはグアムの有名シェフに頼んだそうで、出来上がったのを飛行機で取りに行ったのには驚きました。

これが3つ目の驚き

家族総勢100人くらいいました。曽祖父母までみんな元気で、人口が少ないせいか家族の絆が強い気がしました。

お年寄りの中に日本語を話す人が数名いて驚きました。

その夜は遅くまで祝っていたそうです。

夜空が碧く、星が綺麗で今にも落ちてきそうなくらい澄み切っていました。

平和な島の、人々の幸せな暮らし、自然豊かな恩恵に感謝しながら暮らしている様子は天国を思わせるような楽園でした。

体験できてよかった旅でした。

 

いかがでしたか? ロタ島の魅力を感じてもらえましたか

北マリアナ諸島オフシャルガイドもインターネットで探せます。

しばし仕事から解放されてストレス発散してみてはどうでしょう?

日本から少し足を伸ばせば、そこには癒しの場所があるのです。

そして非日常的な休暇を過ごすのですから、情報や通信とは離れて、、と言いたいところですが、

そうもいかない人もいるでしょう。

そんなときに楽天Wifiをレンタルしてもいいですね。アメリカ連邦区ですからドルです。

 

島で両替に困らないように事前に用意しましょう。

詳しくはこちら