有料カードと無料カードの違い

 

皆さんはクレジットカードは既にお持ちと思います。

しかしそれぞれカードで利便性とメリットが違うんですよね。

2枚目のカードは有料のカードで、無料カードとの違いを見てみましょう。


 

年会費を払ってでも有料カードがいいわけ。

一見、年会費が高いなと思うかもしれません。

しかし高いなりの理由があるんです。

 

年会費は!

 

楽天プレミアムカードの場合、年会費11000円 (利用金額300万円まで)

月にして1000円弱、これって無駄遣いしたらあっという間の金額ですよね。

でもこれは使い方によっては節約になります。

 

年会費の元が取れるには毎月年会費分のポイントを貯めればいいんです。

すなわち、楽天カードを作ったらお買い物はほとんど楽天でする。

実際楽天には無いものがないと言われるくらい商品やサービスが充実しています。

無料カードでは1000円で2ポイント、有料ポイントだと5ポイントなので

ポイントの貯まるのが早い。

例えば楽天で毎月2万円のお買い物と、各種サービス(自動支払い、給与などの振り込み)

の利用だとなんと13,200ポイント貯まるんです。

ねっ、これだと年会費11,000円はチャラでしかも残り3,200ポイントもある。

 

優雅な旅には空港ラウンジ

そしてこれだけではなく海外空港ラウンジが無料で使える。

プライオリテーパスを発行してもらえる(国内外のラウンジが無料で使えるパス)

チェックイン後にラウンジが使えてインターネット利用もできる。

軽食やドリンクもいただける。

空港内のレストランやスパなどで割引優待の特典がある。

日本語のサポートサービスがある。

 

旅行保険の掛け金

海外に行く時は必ず旅行保険をかけますね、それって結構高いんですよね。

国内旅行5000万円  海外旅行5000万円とかなりの保証金額です。

1年に1回旅行するだけでも

保険の掛け金(行き先によって金額は変わるけど大体1万円くらい)が浮きます。

 

 

他にもこんなサービスが!

ETCカードの年会費が無料
トラベルデスクが無料で利用可

お誕生月は楽天市場・楽天ブックスでの利用が+1倍

 

 

無料カードだとこうはいきません。

利用金額が20万円と少ない(申請すれば増やしてもらえる)

ポイントが小さいから大きくは溜まりません。

旅行保険もついているけど保証金額が少ないので手出しが必要になることもある。

ラウンジは使えません。

 

有料カードのメリットまとめ

利用限度額が大きい 300万円。

利用ポイントが5倍。

旅行保険が付帯している(補償額が大きい)

空港ラウンジが無料で利用できる。

ETCカードの年会費が無料。

トラベルデスクが無料で使える。

お誕生月の利用がポイント1プラスされる。

 

これだけの特典がついているので決して年会費は高くないですね。

お得がいっぱいです。

詳しいことはこちらで