【御年賀ギフト お年賀タオル】お年賀タオル 10枚セット 送料無料のし巻きタオル・名刺ポケット付き新年挨拶用御年賀タオル 年賀ギフトまとめ買いお年賀タオル大量 お正月 新年会 挨拶周り 配布用年賀タオル 年明け挨拶

年末年始の忙しい時期、もうお年賀タオルの用意や年賀状、おせちの注文や 大掃除と準備はできていますか? この時期は主婦にとっては忙しい時期ですね。 だからこそ能率よく計画しましょう。 毎年の決まり事で分かっているスケジュールは、後回しにしないで早めにこなした方が楽ですよ。
地方によっては、1月の7日までとか15日までと決まりごとがあるようですが。

 

 

お年賀タオルは毎年必ずいるもの

 

お正月は色々と伝統的な催しがありその習慣もたくさんあります。

お年賀タオル持参で新年の挨拶回りは決まり事なので、早めに準備をして少し余裕を持っての購入が賢明です。

なぜなら、名前を入れたい人は(名刺入れなど)注文に時間がかかる、干支の模様入りなどは人気のものは売り切れの可能性もありますよ。

買い忘れがないように、メーカーに在庫がなくなった時、 お天気次第(大雪など)で年末の混雑した時に配送ができなくなって しまった時など、トラブルが

起きると大変なことになります。 最低でも松の内にはご挨拶を終えないといけませんからね。 生物ではない消耗品、余ってもいいものなどを先に買うことにした方がいいですよ。

そこでとりあえずお勧めはお年賀タオルのまとめ買いです。 無地なら年中購入できるけど、模様入りや干支の模様は売り切れたら終わりです。

買いすぎても余ったものは後でも利用価値がありますからね。
長く使ってもらいたいタオルなら有名なところがあります。

手軽なものでも品質の良いものを、先様に差し上げたいです。

お年賀タオルの歴史

なんでも歴史を知ると面白いものです。このお年賀タオルを持っての新年の挨拶回りはいつ頃どんな目的で始まったのか?

江戸時代の歌舞伎役者や、力士、落語家などが新年に御贔屓さんにタオル(当時は手ぬぐい)を配ったのが始まりだそうです。

宣伝広告なので、必ず自分の名前を 書いたものを配るのです。言ってみればサイン入りグッズですね。有名人からこのようなお土産をもらったら嬉しいですよね、

絶対ファンになりますよ。 そこが付け目でますます人気が出ますからね。 その後の時代は商人が「これは良い事に気がついた」という事で真似を始めたとか、

でも全く同じものでは脳がないので夏ならうちわ、 年末ならカレンダーとなってきました。先の歌舞伎俳優や、力士、なども夏はうちわも配ったそうですよ。

昔は今のように劇場や相撲の場所にはエアコンがありませんから喜ばれたでしょう。それから時代が変わっても起業や商店などがお得意さんに盆正月には必ず粗

品としてうちわやカレンダーを配っていました。 今も名残がある企業や地域もありますね。毎年大きな会社や個人商店では必ずカレンダーがあります。

なぜお年賀タオルなのか?

まず持って行くのに小さくて軽い、高価なものではないから相手の人が気を使わない、もらって嬉しい日常生活になくてはならない必需品だから重宝されたのだ

と思います。 江戸時代に発祥した最初の始まりは日本手ぬぐいでした。それが外国からタオルというものが入ってきて一気に人気商品になりました。

しばらくタオルが続いておりましたがまた最近は手ぬぐいが人気を博しております。手ぬぐいもタオルにはない手軽に使える良さがありますからね。

観光地などは手ぬぐいに模様や文字入りの素敵なものがたくさんあります。 楽天でも多種多様なものがあります。

気持ちを新たにタオルと手ぬぐい、お年賀挨拶にどちらを持参しても素敵ですよ。ご自分の好みでどうぞ。

お年賀タオルの品質と価格

産地別のブランドを選べばかなりの高級品があります。タオルの品質を決める基準に布の重さがあります。

当然重ければ良質のものです。検討すれば高級品などいいものがありますがお歳暮ではなくてお年賀なので普通でいいと思います。。

お年賀だからそんなに堅苦しくなくてもいいとか、予算はこれくらいとか、注文はどのくらい必要かなど自分流にカスタマイズできますよ。

選ぶのが大変な人は楽天に任せて見てはいかがですか? 選択肢がたくさんあります。 価格別に調べると安いものから高いものまでたくさんあります。

安くても品質にこだわったお店がいいですね。

いかがでしたか?

忙しい暮れは家で時間が取れるときに注文できるので通販が便利です 詳しくはこちらから