何かの贈り物をするときは、相手の人に渡すものが決まっているときはいいのですが

そうでないときは悩みのタネですね。

そこで相手の人に選んでもらうのがいちばいいと思いました。

自分がもらったときのことを思い出してみると、その時に欲しかったものが 手に入る、

それは嬉しかったしグッドアイデアでした。

カタログギフトのいいところ

自分で悩んで決めなくて、相手の人が「あっ、これ良いな」と思って自分で選んだものが買ってもらえることです。

贈ったものによっては他の人と重なったりしないし、欲しくないものを贈ったりすることがないので安心ですね。

相手の好みに合わないことを心配しなくて良いです。

予算だけ決めれば楽天から先様へギフトカタログを送ってもらうだけで 手間いらず、先方からは喜ばれるのでこんな

良いことはないと思いますよ。

もう一つの裏技として、自分用としてカタログギフトから商品を買うと 得がいっぱいです。

カタログギフトは額面より安く購入できる

知らなかったのですがカタログギフトは、自分の予算より安く買えるのでお得です。

どういうことかというと、〇〇円のカタログギフトは実際に買う場合は〇〇以下の金額なんです。

送った相手はカタログに書かれた金額をみるでしょう。

そしてこんな価格のものを贈ってもらって嬉しいと思ってくれますよね。

その仕組みを見ると実際は2割程度安く手に入ります。

例えば上(↑)のカタログギフトの価格は1,0800円(税込)ですが、

自分で購入額は8143円(税込)なのでかなりお得ですよね。 その差額実に2657円。

これでもう1つ何かが買えるわけです。

相手の人は1,0800円分のものが買えるわけですからW inWinです。

相手の方には消費税はつきません。

この事を知っている人は自分がもらったときは、『これより安いんだな』ってなりますけどね。

カタログギフトは店舗に買いに行くより品数が多いので選択肢が多い 自分で出かけて買い物に行っても、

そこには店舗の品数は制限があるでしょう。

そして気にいるものがなければ、見つかるまでよそを回って探し回る、なかなか見つからなくて

疲れて帰ることになります。

カタログギフトの場合はそんな労力なく、かつ大量の商品の中から選べるので気に入ったものが見つかりますよ。

カタログギフトの人気

ジャンルも幅広いものがあるのが人気の理由ですよ。

商品のジャンルが多岐にわたるので探していても楽しいんです。
流行りのものやおしゃれなものなどが多いですね。

贈り物を届けた相手が好きな時に注文したり配達を希望できることや もらった人が好きなタイミングで

注文したり配達依頼できるなど 利便性もいいです。
贈ってももらっても嬉しいギフトの1つですね。

カタログギフトは用途が広い お祝いだけでなく見舞い、
ご不幸など多岐にわたる目的に使える

お祝いの種類は結婚、出産、誕生、入学、卒業、栄転、定年退職 新築祝い、就職、還暦、年間のイベント、

ひな祭り、端午の節句、 クリスマス、などなど

たくさんあります。 他にお見舞い、ご不幸、法事などなど数えたらきりがありませんね。

人間の生活に少なくともこれだけのお付き合いや家族の祝いがあるのですから

贈り物を考えるのはかなり重労働?だなと思います。

そんな時に威力を発するのがこういうプレゼントの方法かなとおもいます。

今なら楽天マラソンセールで割引クーポンがついています。

今回わたしもカタログギフトを購入予定なので、この短いマラソンセールの

チャンスを逃さないように気をつけています。

利用方法と有効期限

贈呈された人が利用するときは、ハガキまたはインターネットから注文します。

注文は直接カタログギフトを発行している店舗との取引になります。

当然品物には税込、送料無料となっているはずです。

注文したものが届いたら(ギフトをもらった場合)、送り主に届いたことをお知らせするハガキを 出しましょう。

多分カタログギフトブックに折り込みされていると思います。

〇〇を買いました、とても気に入ってますなどと書くと、送り主は喜んでくれます。

商品を買った、届いたと知らせるのは常識ですよね。

それにプラスしてどうだったかなどの感想や気持ちを書けば尚さら喜ばれます。

それからちょっと気をつけないといけないのが有効期限があることです。

カタログギフトによって違うそうですが、一般的には180日から365日と 書かれていました。

カタログギフトをもらったら有効期限をか確認することをお勧めします。

つい、まだ今は要らないからとどこかにしまいこんで忘れてしまうと 有効期限が過ぎてしまいます。

こんなことのないようにカレンダーに自分で、ある日を設定してとりあえずメモしておきます。

くれぐれも送り主の気持ちを無駄にしないように気をつけましょうね。

いかがでしたか。 カタログギフトは忙しい人や、商品選びに困っている人にはありがたい システムです。